2009/12/28

killed it!

この前見つけたドロップ、今日遂にやっつけてきました!まず身体を慣らすために、先日アップしたドロップを2回こなしてから、こいつに挑戦となりました。ラダーはすっかり乾いていて、コンディション抜群!ただこいつはラダー先端に小さいリップが付いていて、そのせいでバイクがどういう挙動を取るか想像が付かなかったけど、下見を2回ほどして、後は完全に気持ちを切り替えました。ビデオを見てもらえばわかりますが、スピード足りてるか足りてないかのギリギリです。リップが怖かったので、飛び出す瞬間のプッシュを入れなかったので、全体的に腰を引いたままのドロップになりました。届いてよかったぁ~。次回はもう少しスピード付けてバイクの真ん中に乗れるようにしたいです。

3.5×4mくらい



2009/12/27

クリスマス

クリスマスはJJとローレルでスノボーをしにウィスラーへ。天気は快晴、ふもとは-8度、山の頂上は+7度という不思議な天気。きっと寒くて凍えるだろうと思っていたのに。とにかく、天気に恵まれ、たくさん滑ってきました。だいぶ滑れるようになったかな?念願(天敵?)のPeak2Peakにも乗れたし、大収穫。

Black Tuskもくっきり

基本的に、どこでも滑れます。怪我は自分持ちで。



片道15分、全長4.4km

スノボーの後はペンバートンに住むクリスの家でクリスマスディナーパーティー。15人近く集まり、今年起きたことや近況報告といった、クリスマスというより忘年会チックなパーティーになりました。ご馳走もたっぷり頂いてきました。



食べ過ぎたわ~

昨日のパーティーで知り合った、同じスコーミッシュに住むドンナがDHしに行くとのことで、連れて行ってもらうと…10人以上のグループでのライドになりました。天気は良く、少しウェットなセクションもありましたが、全面走行可!シャトルで2本上げてもらって、2本とも違うトレイルを下ってきました。初めてトライするそこそこ大きいギャップジャンプもあったけど、今までの経験で自信が付いたみたいで、全部クリアしました。

こんなに集まるなんて思ってもいなかった…もちろんハードテールは僕一人

つるっつるのバーム、これはパス

5m、6m、4mのステップダウンが続きます

Expecting to fly 飛ぶのは覚悟してね

さて、明日は例のドロップに挑戦してくるとします。

2009/12/25

Merry Christmas!!

自転車に乗っただけ更新がアップする、偏りすぎなブログになってきましたが…

今日も嬉しいことに腫れていたので、トレイルライドに出かけてきました。1日置きにトレイルとスタントを交互にやることで、疲労が溜まらないようにしています。明日はスタントライドかな?
今日走ったトレイルは全部で7本。時間は2時間程度です。どれも初めて走るトレイルです。メインの下りのトレイルは、リズムの良いトレイルでした。スタントは特に無し。全体的にXC的なトレイルで、あまり上った感は無く、運動強度は低めでした。下りをそろそろ終えるところで今年に入り2回目のトレイルでのパンク。2.5インチ、シングルプライのネベガルにDHチューブ。まだ1ヶ月も走っていないのに…やっぱりシングルプライにパンクは付き物ですね。帰ってから速攻でマキシスのミニオンFに交換しました。前のルームメートが捨てていったコンパウンド60のもの。そういえば、ケンダの2.5インチって、マキシスのより5mmも太いんですね。

夜はJJと画家のローレルとAvatarという映画を見てきました。CG凄かった~。その後はパブ兼クラブに3人で向かいましたが、定員越えで入れずそのまま帰宅となりました。たくさんの家がライトアップしていて、綺麗でした。

さて、明日はどうやらJJ達とウィスラーへスノボーをしに行くことになりそうです。

一面凍った湖

長~い一本橋

最初の下りトレイル。オールドスクール

かわいいドクロマーク、倒木の向こうは崖

最後に下見に行ったトレイル、キャニオンのジャンプだらけでしたが乗れる状態にあらず



2009/12/24

前“仁”未到

今日は晴れ間は見えないものの、なんとか持ちこたえて曇りでした。前夜に雨が降ってたみたいで、朝は道路が濡れていましたが、まぁ森の中はそんなに変わらないだろうと。

さて、今日の行き先は、昨日見つけたスタントのあるエリア。2ヶ月ぶりにフルフェイスとゴーグルを引っ張り出し、出発。昨日見つけたもの以外に何か良さそうなのが無いかと探索していると…、あったあった!

前輪の先端からランディングが始まる。3.5×3.5mくらい

これも3年前の辻さんのツアーで走ったときに見かけたやつだなぁ。あの時はものすごく大きく見えたけど、果たして今はどうだろう、と思いながら近づいていくと、サイズ的には「おっ、もしかしたらイケる!?」 ただここで問題が。写真の通り、ラダーからのドロップなのですが、そのラダーが見事に濡れ、コケまで生えているのです。つまり、助走が上手くいかず、やっぱ止めた!としたくても最悪滑って止まりきらずに落下なんてことが起こり得るのです。また、少しでも傾いた状態で踏み切ろうものなら…考えただけでゾッとします。

歩くのもやっとなツルツルっぷり

「そこ」まで届けば良いんだよなぁ…

このドロップはランディングまで若干距離のある、踏み切ってやらないと届かない系。ただ腰を引いて落ちるだけでは上の写真のように谷間に転落します。あまりこの手のドロップは経験が少なく、しかも今までで一番大きいサイズ、おまけに助走区間は最悪なコンディション…30秒ほど迷いましたが、いつかはやらないと先には進めません。それが今なのか未来なのかなだけの話。それにスタントはしばらくやっていなかったのでウズウズしていたこともあって、決行いたしました!今思うと、もう少し小さいのから身体を慣らしておくのが賢明だったとは思います。

ドロップし終わると、トレイルに合流します。今はメンテ中で走行不可~

まず一本目。一度だけゆっくりラダー先端まで乗って下見をします。「本当にやるのか?」などとここまで来ても迷っている自分がいましたが、次の瞬間にはもう引き返せないところまで来てしまっていました。そして…↓

横から(一本目)、自分的には95点。あともう少しスピードを出せれば距離が出せました。

一度飛んでしまうと、もうこっちのもんです。後は助走を気をつけるだけ。二本目は若干空中でバイクを倒す余裕まで生まれました。ほんの少しですけど。ちなみに、ビデオには写っていませんが、二本目が成功したのは三度目の助走後でした。最初の助走ではカーブで後輪がスリップ、ラダー左側に吸い寄せられ、落下を覚悟も何とかラダーの真ん中まで戻りましたが、今後はスピードが付きすぎていて、先端からの落下を覚悟。ギリギリで落下は免れました。次の助走ではスピードが乗らず、確実に谷間転落コース。それでも下手にブレーキがかけられないので、ゆっくり減速していき、これもギリギリでストップ。

前から(二本目)

三本目、相変わらずラダーの恐怖感は消えませんが、飛び出してしまえばなんとかはなります。助走は上手くいき、後は飛び出すだけ…ランディングをしっかり見つめてはいるものの、身体がどんどん前方へつんのめっていきます。やっちゃいました、ノーズダイブ。踏切がしっかり出来ていなかったんですね~。幸い、スピードが足りていたので谷間転落には至りませんでしたが、怖かったぁ~!

後から(三本目)、思いっきり前輪から着地しています

ドロップでも、ジャンプでも、200kmレースでも、要は「そこ」まで届けばいいんです。ただ、、「そこ」に到達するまでの過程が一筋縄ではいかないんですよね。あれこれゴタクを並べてしまって、もう少し思い切りが良ければなぁなんて思ったりして。今日はそれが上手く行った日でした。怪我しなくて良かった!!

<オマケ> ライダー目線はこんな感じです。ヘルメットカメラあるといいかもな…


2009/12/23

ウハウハライド

朝起きると、晴れ間が!ってことで早速引越し後初のライドに行ってきました。行き先は、アリスレイクという湖からジープロードを上った標高450m程の山の頂上。ここからダブルブラックダイアモンドの下りが始まります。どんなトレイルなんだろう?スタントはあるのかな?急なのかな?等と、行く前から妄想が止まりません。
昨日、タンタラスバイクショップでトレイルマップも買ったし、準備万端。まずは、アリスレイクに向かうため、今年の夏にアシスタントとして参加させてもらったロデオサーカスで2回走ったJack's trailを目指します。地図を片手にキョロキョロしていると…あっ、ここ、3年前に辻さんに連れて来てもらったダートジャンプじゃん!でも、それ以来レベルアップしたようで、スタート台の代わりに4m×4mのでかいドロップが出来ていました。もうこれ見ただけで勝手に笑いがこみ上げてきます。決心して漕ぎ出した瞬間にシフトワイヤーが切れてお預けとなったトレインレックのドロップと同じかちょっと大きいくらい。これは帰る前までにクリアしておかないと…。

小川ギャップのスタート

いい感じに面出しされていましたが、まだメンテ中。残念!


うまく岩を使ったスタート付近

先端から見下ろしましたが、これは行ける!ってなイメージが湧きました。後は乾くのみ…

そんな久しぶりの再会で、いつの間にか大人びた従兄弟を見るかのような気持ちに浸っていると、反対側の森の中から明らかに不自然なモノが突き出ています。近づくと…2つの横に並んだギャップジャンプ。奥の長いほうはそこそこ大きいのですが、ランディングが死んでました。これもそのうち乗れるようになるのかな…


ランディング、めちゃくちゃ…

更にこのジャンプの隣にはウォールライドからのジャンプ。結構な大きさです。これはまだ行けるレベルじゃないなぁ。


いやー、そそり立ってますね

更に更に、ここからちょっと行った所には作り中のこんなのが…

早く乗っかりたい…

出口はジャンプ

まだ最初のトレイルにすら辿り着いてもいないのに。この時点で満腹感が出てきました。恐るべしスコーミッシュ。探せば探すだけ出てきます。

ようやくJack's trailを走り出し、少し頑張ってるな程度の強度で上っていきます。それにしても、いきなりあんなのを見せ付けられては、走っていても真っ直ぐなんか見ていられません。そんなこんなでアリスレイクに到着。ここからは上りです。前日まで降っていた雨のせいで、地面はかなり柔らかめ。それに先々週の初パンクで交換したDHチューブのせいもあって中々前へ進みません。それでも、今日は一人。誰かを引っ張るわけでもなく、置いていかれるわけでも無いのはとても気楽。3,40分上って山の頂上に着きました。

こんな断崖を見上げたり…

頂上

最初に走ったトレイルはやや急で、たまにテクニカルセクションがある程度。特に大きなスタントも無く、あっても1m程の段差が幾つか。それでもガッツリ下れたので良しとします。二本目は最初のトレイルから続いているThe Plural of Nemesis、意味は「お仕置きいっぱい」。ここも大きなスタントはありませんでしたが、その名の通りテクニカルセクションはいっぱいでした。例えば、(急+張り出た根っこ+岩+スイッチバック+その上を水が流れてる+曲がりきれなかったら崖下転落)×2連続、とか。こんなところで転がっていても、クーガーの餌になるだけなので、見送ったセクションが2,3個ありました。乾いたらリベンジです。


最初はロール、その後は1m程の段差。真ん中の木を通り過ぎた瞬間から前輪を
浮かしているのがわかると思います、ってあっという間過ぎですね

無事に全行程を終了し、再びタンタラスバイクショップで2枚目の地図購入。終始ポケットに入れていたため、濡れてふにゃふにゃになってしまったんです。全行程はスタントの散策も入れて3時間程度でした。さて、明日はどこを走ろう?

部屋はこんな感じです。まだベッドが無いので、タオルやらブランケットやらを
敷いていますが、タオルはタオル、ベッドはベッドです…

持て余す程のクローゼット

2009/12/20

家の周りの写真

雨が上がったので、カメラ片手に散歩してきました。

ここの二階に住んでいます

近所には馬がいたり…

ここでたくさんのハクトウワシが見れます


名無し通り

ウィスラー側と、

バンクーバー側

ハンドルバー新調しました。サンプルのワインレッドです。
これでバイク全体のカラーも統一されて落ち着きました。


2009/12/19

引越し

スコーミッシュに引越しました。ウィスラーにいても雪で自転車に乗れないし、パーティーハウスにはもううんざりなので。新しいところは、クロマグ仲間のJJの家の二階。いつかのフライデーライドで彼の家で朝ごはんを食べたとき、いつかはこんなところに住めたらなぁ、という思いが実現しました。ブラッケンデールという、スコーミッシュでも一番ウィスラー寄りの町です。道の一番奥にあるため、とっても静か。裏庭には大きな池があり、サケを食べに集まるハゲタカの繁殖地でもあるそう。部屋は7,8畳といったところで、マットレスとタンスだけでいっぱいいっぱいだった前のロフトとは大違い。逆に広すぎるスペースに戸惑うほど。いつでも入れるホットタブ(広めの湯船)もあり、もう至れり尽くせり。ルームメートは2組のカップルで、皆いい感じ。コロっとした黒ラブもこれまたいい感じ。とにかく、オリンピックで追い出されるまでドラッグとアルコールでハイになることしか頭に無い連中と一緒に過ごさなきゃいけないという不安から開放されたわけで、とってもハッピーなのです。

ただ、乗れると思って引っ越したスコーミッシュですが、数日前のドカ雪のせいで、しばらくはライドはお預け。それでも雨がいっぱい降っているので、雪がなくなるのも時間の問題でしょう。気温ですが、ウィスラーは-10度前後、-15度の時もありました。でもここは最低気温でマイナスいくかいかないかくらいなので、だいぶ暖かい。気温5度で暖かいと感じられるようになったのは、雪国の人間という証拠でしょうか?なんちゃって。ウィスラーから距離にして40km、車で40分程度なので、バスを使って週2回ほどクロマグで働いています。

早く雪が解けてウェットコンディションでも良いから自転車が乗れる日が着ますように、とサンタにお願いすることにでもします。24日までは待てそうにありませんが(笑)

新居の写真、近々撮っておきます。下の写真は先週のフライデーライド in スコーミッシュ

集まったライダーは7人、ちなみに、走り終わった頃には車が4台も増えてた
しかもそのうちの3人はシャトルでDH!


トゥーニーレースの優勝常連マットのバイク。XCライダー!?いやいや、うかうかしてると下りで
もあっという間にいなくなります。竹之内悠君が彼に昔競り勝ってますね~


所々にこんなセクションがありました。ライダーはクリス